スタッフ紹介

各種スポーツ障害

野球肩

【症 状】

繰り返される投球動作によって、肩関節を構成する筋肉、靱帯などの組織が損傷されて、痛みが生じます。特に、成長期に過度な投球ストレスをうけると、脆弱な上腕骨骨端線の離開を引き起こすことがあります。痛みの部位は定まっておらず、どの組織の損傷かによって異なります。

【原 因】

主な原因は、オーバーユースや投球フォームの崩れといわれています。肩関節自体の柔軟性低下や筋力不足のみではなく、体幹・下肢の柔軟性や支持性の低下が遠因となることもあります。

【治 療】

強い痛みがある場合は、休息や安静が必要となります。理学療法では応急的にテーピングで組織を保護し、損傷治癒を促すことも可能です。実際の投球フォームを評価し、原因となっている姿勢アライメントや荷重バランスの改善を図ります。肩関節だけでなく、体幹・下肢の可動性、筋力の改善で疼痛の軽減が得られるケースも多くあります。再発予防やパフォーマンス向上にも尽力させていただきます。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

各種スポーツ障害【症 状】

テニス愛好家や、長時間のキーボードやマウスの使用で腕や手首を使いすぎると、肘の外側から前腕にかけて疼痛が生じます。

生活上での動作としては、ものをつかんで持ち上げる、タオルを絞る等の動作で痛みが出ることがあります。

悪化すると肘の屈伸だけでも痛みが生じることもあります。

【原 因】

手首を返す動きを繰り返すことにより、上腕骨の外側上顆に付着している筋肉のオーバーユースが生じ、付着部である肘の外側に痛みが生じます。場合によっては骨膜などに強い炎症が生じることもあります。

【治 療】

痛みが強い場合は、休息や安静が必要な場合もあります。

理学療法による前腕の筋へのストレッチングやリラクセーション。肘への負担が増大する理由となっている姿勢や動作の改善、スポーツ時のフォームや日常生活の動作指導等で疼痛が軽減する場合があります。テーピングなども痛みの軽減に有効な手段です。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

【症 状】

ランニング時に膝の屈伸が繰り返されることにより、腸脛靭帯が大腿骨外顆と接触して炎症を起こし、膝の外側に疼痛が発生します。特にマラソンなどの長距離選手に好発します。

初期はランニング後に痛みが発生し、休むと消失します。ランニングの継続とともに痛みが増強することが多いです。

【原 因】

主な原因はオーバーユースと言われています。過剰なランニング時間や距離、硬い路面での負荷、O脚傾向、姿勢アライメントなども原因と言われます。

【治 療】

炎症が強い場合は、休息や安静が必要な場合もあります。理学療法による荷重バランスや姿勢アライメントの改善、近隣関節の可動性や筋力の改善、膝や足部へのテーピングなどでも疼痛が軽減する場合がありますので一度ご相談ください。

シンスプリント

【症 状】

走るスポーツを行っている人に多く、運動時や運動後に下腿の内側に痛みが生じるものをシンスプリント(過労性脛骨骨膜炎)といいます。

【原 因】

下腿の内側の骨に刺激が加わる事と、足首や足の親指で地面を蹴る筋肉が、下腿骨の骨膜を引っ張り炎症が起こる事が原因と言われています。

身体的特徴としては偏平足が原因とよく言われますが、アーチが高い方でも発症します。練習量の増加、硬い路面、合わない靴などの環境因子と、筋力、柔軟性などの身体的因子が複合的に影響し発症するといわれています。

【治 療】

痛みが強い時期には、休息や安静が必要です。理学療法による荷重バランスや姿勢アライメントの改善、近隣関節の可動性や筋力の改善、足部へのテーピングなどでも疼痛が軽減する場合があります。インソールも一つの手段です。一度ご相談ください。

足底筋膜炎

【症 状】

足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋膜に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす病気です。多くはかかとの骨の前あたりに痛みが起こる。症状は歩行時の接地あるいは蹴り出しの際に痛みを訴えることが多いです。起床時の一歩目が痛いのもこの病気の特徴です。

【原 因】

ランニングやジャンプなどの動作を繰り返すことで、足底腱膜に過度な伸張ストレスや微細損傷を生じ発症します。踵の骨に骨棘というトゲの様な骨形態の変化を生じることもあります。

【治 療】

炎症症状が強い場合は休息や安静が必要な場合もあります。理学療法では炎症症状が強い場合でも必要に応じてテーピングなどで痛みの軽減や治癒を促します。患部への対応だけでなく、個々の身体状態に合わせて荷重バランスや姿勢アライメントの改善などを図ることで、疼痛改善が得られることも多くあります。